〈緊急〉新型コロナウィルス、インフルエンザ予防対策を作って安全なピアノ教室に

今回は、 ピアノ教室におけるコロナウィルス、インフルエンザ対策のための、衛生環境を整えそれを生徒さんにお伝えする方法

について今からできることを書いてきたいと思います。今からやるべきことは、

ピアノ教室の衛生管理のために、1日でも早く緊急のお便りを作り、生徒さんに配布すること

です。

早い対策が教室の信頼を高める

コロナウィルス感染のニュースが毎日のように流れていて、テレビでの報道の仕方が危機感を煽られる形に変わってきました。

大切な生徒さんを預かる私たちピアノ教室では、この時期インフルエンザにも敏感になる時期です。今は海外の方の観光客の数が数年前の比ではなく、ニュースで流れることが対岸の火事のように眺めてはいけないと私は危機感を覚えました。

もちろん学校でも毎年のようにインフル対策でご家庭へ注意喚起してるとは思うのですが、こと習い事となると、その対策は教室によって差が出てくると思うんですよね。

コロナウィルスは、現在のところお子さんはかかりにくいということですが、そもそもこのウィルスの全容がまったくわかっていないのですから、誰も「子供は大丈夫」とは断言できないはずです。

人が集まる場所で仕事をする私たちは、まずいつでも「万が一」を考えて先に行動するべきなんじゃないかと思い、教室として対策を打ち出してあげた方が、ご家族の方も安心してきていただけると思うんですね。

自分を守ることはみんなを守る意識を伝えること

「大丈夫大丈夫、そんな神経質にならなくっても」

とか

「うちの県に広まらないでしょ」

とか

「30分しかいないんだし気にしない」

なんていう方がいないとも限りません。まぁ、普通はそう考えがちですよね。私でも普段はそう。

しかしですよ。ピアノ教室は生徒さんにとっては30分の滞在ですが、その前に何人もの生徒さんがすでにいたわけで、こまめに換気しない限り、または鍵盤を一回一回除菌しない限り、安心じゃないなと思うんですよね。

レッスン前に手を洗わないできた子がいたら?鼻をかんだ手でそのまま弾いちゃう子もいますし、普段はあるあるな光景でも、ウィルス感染しやすい冬などは普段より神経質になった方がいいと常々思っていることです。

参考 教室内での感染予防アメブロ

上記リンクのように、数年前に新型インフルが流行った時に、私の教室でも注意喚起はしていることでしたが、レッスンの場では生徒本人に言うくらいで終わっていました。

今は、ピアノ教室の先生の方から「清潔、安全な環境を整えているのでご協力お願いします」と打ち出し、自分を守ること(手洗い、マスク)は、みんなのことも守ることなんだ、と生徒の親御さんにもお伝えしていくと、その意識は一発で伝わるのではないでしょうか?

感染予防の方法と告知方法

さて、教室でできる感染予防をいくつかあげてみます。

・教室のドアノブや、手で触れることの多い場所を除菌する
・水道が近くにあれば生徒さんが来たら最初に手を洗ってもらう
・レッスン室に入ったら、除菌スプレーかシートで手を拭いてもらう
・ピアノの鍵盤を除菌する(鍵盤の材質により濡らしてはいけないものがあるの
 で自己責任で)
・風邪気味だったり、咳が出るときはマスク着用可(お互いに)
・こまめにレッスン室の換気をする

こんなところでしょうか?私などは、手洗いや除菌シートで拭く回数が増えて、手ががっさがさに荒れてます(笑)ですので、ハンドクリームもいよいよ必須になってきました(汗)

さて、今度は生徒さんへどのように告知するかです。私はお便りで一斉に配布しました。

  • レッスンに来る前に必ず手洗いをしてくること
  • 教室に来たら、手を消毒すること
  • 咳が出るときはマスクをすること
  • おうちに帰ったら、うがい手洗いをすること
  • 私もマスクをする場合もあること

これに加えて、感染から身を守ることの大切さと、睡眠と休養をよくとって免疫を上げましょうということ教室側でできる対処を明記してご協力をお願いするおたよりとして作りました。

そして、案外大切なのは、お便りを作る上で欠かせないのは「イラスト」です。

特に、こういう注意喚起の告知は、イラストも一緒に乗せると、伝えたいことが一目瞭然でわかります。↓こういうの

 

私、フリー画像で「手洗い、マスク」で検索してみましたが、たくさんあるんですよね。そして必要すぎてフリーイラストの存在がこんなにありがたいと思ったことがないくらいたくさんの種類に感心してしまいました。

 

早めの対策がピアノ教室の安全と信頼を作る

世の中、突発的に何が起こるかわかりません。大雨しかり、大地震しかり。そして今回のようなウィルスの流行もです。

私たちは教室の代表として、起こりうることを早めに想定し、対策を考えたらすぐにそれを生徒の皆さんに周知してもらう行動こそが大切です。

みなさんも過剰に怖がらず、かといって正常性バイアスをかけないようにピアノ教室の安全をはかりましょう♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です