Bluetoothスピーカーのレッスン活用法

marbleです。いつも読んでくださってありがとうございます。

私ついに、あんなに軽い伴奏くんでさえ持ち歩くのをやめました!

長年愛用していた「伴奏くん」

 

その代わり使っているものをご紹介します!

持ち運び便利!Bluetoothスピーカー

です!

「Bluetooth」なにかと身近に耳にしますね。

簡単に言うと、すごく近い範囲での無線通信です。他にイヤホンとか、車のナビとか、プリンターとか有線で繋がなくても使えるという便利な無線機器。

今まで、伴奏くん(MIDIデータ再生プレイヤー)にMIDIデータを入れたフラッシュメモリーをさして使っていました。そもそもその昔、フロッピー何枚も持ち歩いていたものを(古)フラッシュメモリー一個にデータを収めること自体がなんて便利!と感激したものですが今や、スマホにデータを入れておけばオッケーなんです。

箱ですみません(笑

Bluetoothスピーカーの良いところ

まず、出張レッスンに行った時に生徒さんのさらにちいさいごきょうだいがいたりすると、お邪魔したたびに伴奏くんを持ちたがり、そこで非常に時間のロスが地味にストレスなことがあるんです。次のレッスンも入っていますし、伴奏くん自体はすごく軽いので3歳くらいの子でも持てるくらいですが、うっかり落とされてしまったり、自分の足に落として怪我しちゃったりするかもしれません。そういうこともあってずーっと考えていたんです。電源コードも地味に荷物になりますし。

Bluetoothスピーカーの良いところ
・Bluetoothスピーカーから音を出力すれば持ち歩くのはスピーカーだけ!
・しかもバッグに入っちゃう手軽さで、かさばらない!
・充電式なので、電源ケーブル類もいらない!

コンパクトサイズっていう条件の中、さらに音質まで求めたところ、電器屋さんをいーーーっぱい見た結果、BOSEになりました。お値段24,000円くらい。充電式で、Bluetooth対応の機器なら接続可能です。

音楽データ再生アプリが必要です

スピーカーだけでは意味がありません。再生するものがないと。それが専用のアプリです。

フラッシュメモリーに入れいたデータをどうするかっていうと、スマホに入れるんです。

sound canvas

というアプリです。

2,400円です。

え。アプリに2,400円?!って思いますよね?でも、私が持ち歩いていた伴奏くん、58,000円(税別)するんです。それに比べるとデータはパソコンにバックアップをとってあったし新たに買う必要もなかったので、スピーカー購入とアプリ導入でも、伴奏くんの半分で済みます。身軽になるし、携帯から操作できるし便利すぎます。

出張レッスンを持っているので、荷物が身軽になるのはすごくありがたいし、電源を取る必要もないんです。

あとは、youtubeとかで動画で弾きたい曲のチェックをしたりしませんか?

それからレッスン動画を貼ってらっしゃる先生も多いようなのでその場で動画をチェックしたい時は、携帯のスピーカーでは音がどうしてもしょぼいですよね。

そんな時、ばしっといいスピーカーから高音質でyoutubeの音を聴くこともできます^^

ミュージックデータを使っている方は検討してみてはいかがですか^^

MIDIはピアノのレッスンにすごく相性がいいと思うんだけど最近はまたCD音源が増えましたよね。CDだとピアノのピッチと微妙に合わなかったりするといやだし、どっちもピッチ変えられないしで拡張性がないから困ります。

MIDI作るのがなかなか手間がかかるからかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です