今から始める!ピアノ教室開業準備

こんにちは!marbleです。

今年のG.W.はお天気に恵まれているようで行楽にはもってこいですね。

さて、まとまったお休みというのは、ピアノの先生にとってもありがたいものです。普段、レッスンに追われてやりたいと思っていた仕事にじっくり集中できますからね。

これからピアノ教室を開く方は、こういう長いお休みの時に準備を進めるととってもはかどりますよ。では順番にチェックしていきましょう!

今からでも間に合う!開業準備編

 

看板のチェック

ピアノやレッスン室の準備というのはだいたいできていると思うんですね。このレッスン室を
「生徒さんをお迎えする場所」
にするには、教室がここにありますよ、という宣伝をしなくてはいけません。
まずは看板
最低限の設備投資です。4、5万くらいのものなら立派に作れると思います。
どんな看板にしようか、街のあちこちの看板を見て回ってみましょう。ピアノ教室だけじゃなくて、いつもと視点を変えるといろんな看板が目に入ります。
大きさ、レイアウト、設置場所なども考えながらプランを立てるといいですね。
参考記事のタイトルとURLを入力してください

チラシを作る

これは、サイトの「チラシを作る」を参考にしていただくのがいいかもしれません。
レイアウトやデザインを考えるのってじっくり考える時間がほしいですよね。こういうまとまったお休みの時こそ集中して考えるチャンス。納得のいくデザインができます。
私は、手作りのチラシを毎日毎日毎日(笑)作っていました。こちらも必要な設備投資。

教材研究

教材研究もですね、案外時間がほしいものです。
楽譜売り場でチェックするだけでも相当かかるので休みの時にじっくり見たい。レッスンの合間の空き時間に〜なんていう時だと気持ちが焦って落ち着いて見れないんです(笑)
例えば導入教材っていうのは、日々新しいものが出ています。何をコンセプトに使うテキストなんだろうか、どういう流れで上達に導くのか、そんなことに思いを馳せていると1日があっという間です。

教室のコンセプトを考える

常々このブログで書いていることなのですが、まず
「どのような教室にしたいか?」
ここが長く教室を続ける上で非常に大切な部分となってきます。コンセプトなしに、良い教室を構築することはできません。
「あなたの教室の特徴はなんですか?」
と聞かれてすぐ答えられるようにしておきたいものです。私は、開業時にそんな立派なことはしませんでしたが(汗)やっぱり途中でこの問題にぶつかりましたので、最初から考えておくことをおすすめします。

レッスン規約を作ろう

コンセプトが決まったら、生徒さんにご案内する「レッスン規約」をぜひ作りましょう。
これは、あなたがこれからピアノの先生として仕事をする上で、生徒さんと円滑で円満なレッスンの架け橋に、そして何よりもあなた自身を守ってくれる大事なものとなります。
レッスン規約も、私はかなり後になってから作成しました。作成後の教室運営は、天と地ほどの差がありましたよ^^
参考記事のタイトルとURLを入力してください

体験レッスン教材を作る

今は、ご入会前の体験レッスンが当たり前になってきました。
そして、入会を希望される側でも他の教室の体験レッスンを考えているということを知らされることもあります。
だから、あらかじめ体験レッスン用の教材を準備しておくのは必須です。いまだに手抜きっていうかほんとにお試し程度、お遊び程度の体験レッスンをしている教室は多いですよ!だからチャンスです。
私もは、新入会の生徒さんがあるたびに、バージョンアップさせながら作成しています。今やプリント10枚以上になりました。(全部やりきれないけれど)

まとめ

  • 宣伝のために「看板」「チラシ作り」の土台を考えよう
  • 教室のコンセプトを考えたら、「レッスン規約」を作ろう
  • レッスン開始へスムーズに移行するために「教材研究」をしよう
  • 体験レッスン教材を充実させよう
こんな感じでしょうか^^
もちろんこの連休中に全部こなすのは難しいので、↑からすぐ取りかかれそうなものからトライしてみてはいかがでしょうか☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です