[これは使える!]ピアノ教室の体験レッスン教材

こんにちは!marbleです。

ピアノ教室用体験レッスン教材が完成しました(*ˊᗜˋ*)/♡

実は去年の夏前には完成しておりまして、リリースがかなり遅れてしまいました💦

先日、晴れてリリースさせていただきました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾

「本当に欲しい先生へ」お譲りしたい!という教材です^^

というのは、私が現在も自分の教室で使っているものだからです。

たまにマイナーチェンジは重ねているものの、10年以上ずーっと使用しているものです^^

全世代に対応した「使える」体験レッスン教材

何年もかけて体験レッスンを重ねて修正しながら作り上げてきたものですが、一度作ってしまえば、精神的にもとても楽です。

今では体験レッスンのお問い合わせをいただいても、慌てることなく受け入れ準備がいつでも整っているのがなんともストレスフリー。

やはり、「長く教室を運営する力」として、こういった何度も経験するルーティンはしっかりと作り込んでおくということも大事です。

さて。

ピアノ教室へ体験レッスンへお問い合わせをいただいて、一番「どうしようかな」と考えてしまうことは意外に、習いたいお子さんの年齢なのではないでしょうか^^

例えば、私が経験したところでは

「今度年少です」

「小学3年生です」

「小学6年生です」

「中学一年です」

など。けっこう幅広くおお問い合わせをいただきます。

特に、小学生以上の体験レッスンのお問い合わせをいただくと、昔はちょっと慌てちゃってました。

「小3の子だと、どの程度の体験レッスンをすればいいんだろう?」

と。

今は、高学年になってから習い始めるお子さんも少なくありません。先生としてはすごく嬉しいことですよね^^

でも、そのための体験レッスンを考えたことがあっただろうか?と思い立ち、

どんな年代の生徒さんを受け入れられる体験レッスンメニューを考えよう

と作り始めました。結果的に、

  • 3歳児向け
  • 4歳児〜小1くらい向け
  • 小2〜小学校中学年向け
  • 小学校高学年〜中学生向け
  • 大人の方向け

という5パターンの教材が完成しました。あくまでも自分の教室の傾向に合わせて作ってきたものですのでリアリティがあると思います(笑)

全世代合計ページ、50ページを超えています。

このくらい網羅しておくことで、まったく不安なくお問い合わせいただく受け入れ体制ができるようになりました。

そして、今は特にコロナ禍で、習うタイミングが一年ずれてしまった、ということも増えてきています。だから年代別の教材はすごく使えます。

A4サイズを1ページとしてPDFファイルにパッケージしました^^

順番にプリントアウトして使えますし、ふだんからすでに体験レッスンメニューが決まっている場合でも、この部分は使えそう!というページをチョイスしてプリントアウトして使っていただくこともできて、自由度も高いと思います。

ほんとに何年も何年も前から、商品化しようと考えていてようやく完成しました。

本当に欲しい先生に使っていただきたいと思っています^^

ご縁がございましたら、どうぞ使ってみてください(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

体験レッスン教材の詳細はこちらからどうぞ♪

こないだテレビから例のCMが流れてきました。そう、某音楽教室の無料体験レッスンのCMです(笑)

この時期、体験レッスンを見直したり、体験レッスンメニューのサポート、強化をするのにぴったりのタイミングだと思います⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。