レッスン規約の役割とその効果。何を書けばいいかまとめました。

音楽教室を始めるにあたって、生徒募集の前に考えておきたいのがレッスン規約の内容です。

これがあるとないでは、「雲泥の差」があると言っていいでしょう。

そもそも私の場合、レッスン規約という発想がない状態でピアノ教室をスタートさせ、後追いのように作ったクチです。ですので、今までレッスン規約は特にないけど、でもあるとやりやすいのになぁと思っている方でも今から作っても大丈夫です。

これからピアノ教室を始める方は、規約作成は必須と言っていいと思います。

レッスン規約の役割

スポーツクラブを利用したり、図書館を利用したり、普通の生活の中でも「利用者規約」というのがありますよね。ピアノ教室にもいろんな生徒さんがいらっしゃいますからやはり、ピアノ教室におけるレッスン規約の役割というのは

お互いにトラブルなく、楽しくレッスンを受けていただける環境を提供するするため

にあると思います。

他の規約などを見ると、字が小さすぎて正直全部目を通したりしてないですよね(笑)自分の教室の規約がそういうことにならないように、見やすく、必ず目を通していただける工夫も必要です。

 

レッスン規約には何を書けばいいの?

まず、ピアノ教室を始めるにあたって考えたい事は

・生徒さんにとっても自分にとってもレッスンがしやすい環境を作る→レッスンしにくい障害を取り除く

 

・今ある問題点、または問題になりえることってなんだろう?改善したいことはなんだろう?

というところからスタートします。

レッスンしにくい障害ってどんなことかな? と考えた時、例えば、時間に遅れる、またはレッスン日を忘れてこなかったりすることがあると困りますよね。そんなことをだだーっと箇条書きにしていきます。

そういう問題点をどうしたら回避できるか?そこまで考えていくとおのずとそれが規約に書くべきこととなっていきます。

これから初めてピアノ教室を開くという方は、どんなことがトラブルになりやすいか、想像しにくいですよね。本サイトに例としてまとめてあるので、参考になさってください。実際にレッスンをしていく中で、もし、規約に追加したいことがあったら、翌年にまた改訂版として配布するようにするといいと思います。

参考 レッスン規約を作りましょうPiano Life 〜ピアノ教室を開こう〜

 

どのタイミングでレッスン規約を渡すか

理想的なのは、「入会時」です。

体験レッスンをしている間や、いったんご自宅でよく読まれてから納得していただいて入会するかどうかを考えていただけるからです。すると、ルール違反上等の困った方の入会は避けられます。

私のように、これまでそういったものがなくて突然の形でお渡しする場合もありますよね。この場合、「急にルールが作られた」と戸惑うんじゃないかとけっこう神経を使いました。

まず時期としては、年度替わりの4月などに配布することを目指して作成するといいと思います。

私の場合は、「おかげさまで生徒も増えてきました。今後の円滑なレッスンのためにお約束を設けさせていただきました。保護者のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします」

みたいな感じで書きました。もし、生徒さんが少ない状況であれば、

「今後レッスン日を増やすため、より円滑なレッスンができるように」とかでいいと思います。

 

レッスン規約の効果

レッスン規約をお渡しするようになってから、すごく仕事がしやすくなりました。特に私などは最初は規約もなく、ガイドラインも曖昧ですごく苦労した経験があるので、

ピアノ教室の補充レッスンはありかなしか?レッスン規約に明記しよう

 

このレッスン規約の効果を大きく感じることができました。保護者のご協力をいただいているという安心感はとてもありがたく感じます。規約の範囲で、全力でレッスンに集中することができるようになりました。

もし何か、問題があれば規約にそって説明できるので理解していただきやすいので、教室を自分を守るものだと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です