【ピアノの楽譜】クリアファイルが台紙に変身!

こんにちは!marbleです。

楽譜のコピーを使うとき、特に生徒さんは台紙を作ることもあると思います。生徒さんの作成してきたものを見るといろいろ工夫していますよね。

  • 色画用紙に貼る
  • 大きめのスケッチブックに貼る

など。

最近は空前のマスキングテープブームですからマステでデコったりしてすごく素敵な楽譜になりますね。

さて、私が考えた方法は違います。

 

クリアファイルを台紙に使う

これは、私の発案です。

クリアファイルって、下が接着されいますよね。そこを剥がして、台紙に使うのです。

使うもの

  • クリアファイル(A4)サイズ。
  • のり、または両面テープ。
  • 貼りたい楽譜のコピー
  • デコレーション用のマステとかシール

作り方

寒い日や、クリアファイルが冷え切っていると剥がしにくいので、暖かい部屋や、体温で剥がすところを温めておきます。冷えたままだと失敗する可能性大です。(なんども経験済み)

① まず、クリアファイルの下の接着面をゆっくり剥がしていきます。

ゆっくりゆっくり、ぺりぺりぺり…

 

できた!

こうなりました。ブログ用にそこらへんにあったクリアファイルを使ったら案外頑丈でちょっと剥がした面が美しくないですが、ふつうのカラーのクリアファイルはもっと気持ちよくぺりぺりぺりっと剥がれます!(でも念のためにあたためてね!)

② ここにいよいよ楽譜を貼ります。のりでもいいし、両面テープでもいいです。

はい!完成(*⁰▿⁰*)

画用紙の台紙でももちろん素敵ですが、これはこれで表紙がつるつるしていてなんかテンションが上がるようです。

無地のクリアファイルだと、表紙に絵を描いて貼ったり、マステでデコレーションしたりするとオリジナル楽譜の出来上がりです!

私が弾く曲だ!と、曲に対する愛着も生まれますし、練習のモチベーションも上げてくれます^^

もちろん、キャラもののクリアファイルでもすごくかわいいです。

100均でもクリアファイルは売っていますが、ちょっと素材が薄くて台紙としては不安なのでおすすめしません。

 

楽譜が2ページ以上のときは

例えば4ページの楽譜(A4が1ページ換算)だと、A3サイズにコピーすると2枚の楽譜なりますよね。

この場合は、2ページ目と3ページ目をクリアファイルに貼ります。両側に1ページ分がはみ出ている状態。これを中に折りたたんで完成。

なにかしら台紙を作っていてもらうと、補強になりますしレッスンで書き込みしやすいですよね。

 

台紙以外にも活用

私は、B4サイズのクリアファイルを買って、同じように下の部分を剥がして、生徒との連絡ノートの代わりにしています。

プリント類をクリップでクリアファイルの台紙に留めておきます。練習ノートとしても使っています。

みんな、いろんなデコしてきてかわいいですよ☆

 

クリアファイル台紙のまとめ

    • 楽譜の台紙にクリアファイルも使えるよ!
    • クリアファイルの下部分の接着面を丁寧に剥がす
    • 楽譜をクリアファイルに貼って完成。2ページ以上になってもいける
    • 無地、キャラものどちらでもO.K.。100均のはおすすめしない
    • 台紙以外でも用途多し!

 

ぜひお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です