生徒募集に効果抜群!人柄チラシとは?

おはようございます!marbleです^^

さて、ピアノ教室の生徒募集のためのチラシづくりのお話です。チラシづくりに悩んでおられる方のヒントになれば幸いです。

習いたい側に立って考える

ある時、ブログのネタ探しにアクセス解析を眺めていました。すると、サイトの方の検索ワード一位に

「人柄チラシ」

って書いてありました。

ななな。いったいこれは!?なんか新しい響きっぽくないですか?これ。ちょっとぐっときました(笑)

そんな言葉があるのかと調べたら、私のサイトがGoogleの検索2番目に上がっていて(笑 )そんな言葉はないっぽいということがわりました。

でも、ピアノ教室の生徒募集チラシを作るときって「先生の人柄が伝わるチラシ」を作ることが何より大事なんですよね。っていうことを私はサイトでえらそうに書いています(汗)

私はいつも逆を考えます。生徒さんにきてほしいなー、から入るのではなく

習いたい側だったらどうするか

チラシで、うわーなんか夢があるなぁとか、行ってみたいなぁとか思ったら、まずは先生に一回会って、どんな人かお話ししてみたい。電話で話してちょっと違うっぽかったらやめておこうと思ってしまうなって。

私も実際に、今の先生につくことを決めた時、同じように思いました。私のようなピアノを教える立場になると、とにかく自分に必要な技術をつけるために本気でレッスンに通うわけですよね。だから、どんなに厳しくとも、自分が身につけたい技術がつくならばそんな文句もいっていられない!とは思うんですが、やっぱり

「あのー。あんまり怖くない先生がいいです」

とかってつい言ってしまう(笑)今の先生も、そうやって紹介してもらいました。

私たちのように、先生のつてや、顔なじみの楽器店のスタッフさんとか合いそうな先生を紹介してもらえるならわりと探しやすいですが、

これから、初めてお子さんをピアノに通わせる、生まれて初めて自分がピアノを習うっていうときには、そういう「つて」はほとんどないだろうし、不安もあると思うんです。その不安の中こうしてお問い合わせしてくださったのだから、まずはその不安を取り除いてあげなくては!と思います。

それには、一番の入り口であるチラシを、どんな教室なのか、どんな先生なのか、どういうモットーで教えるのか
なるべく情報が多い方がいいんですよね。教える側としては、「私を知っていただく」この努力は必要なんだなと、しみじみ感じています。

そう、今度チラシを作るときは

「人柄チラシ」を作ろう!と決めたのでした。

「人柄チラシ」…なんかかなり気に入ったフレーズです(笑

自分をよく見せようではなく、知ってもらおうという気持ちで

ただですよ。

チラシを吟味して行ってみたらチラシとイメージが違った。なんてこともないでしょうか?

チラシ、パンフはとっても参考になるけれど

「あてになんないなー」

と思うことも事実です。盛りすぎだなーと思うこともあります^^;

ピアノ教室のチラシも、そこらへんをよく考えて作らないといけませんよね。ブログやホームページからの募集もそうです。文体がやわらかく、絵文字をたくさん使ってるから、にこやかな先生なのかなー、と思いきや、案外クールな先生だったり、教室の写真を広角で撮ってしまって、実際は写真よりも狭かったり。

自分の教室をよく見せたい!ではなくて、

「私という人間、私の教室のことを知ってもらいたい!」

という等身大の情報と、習いたい側が欲しい情報が一致していればいいチラシができると思います。

その上で、何よりも先生の「人柄」が伝わるチラシが効果抜群だと思うのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です